福岡県立福岡高等学校

  • 交通アクセス
  • 092-651-4265
  • 受験生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • ホーム
  • 学校紹介
  • 学校生活
  • 進路
  • 特色ある取組

保護者の方へ

   ホーム  >  保護者の方へ  >  平成29年度 福高スパイラル

平成29年度 福高スパイラル

最終更新日 [2017年6月2日]  

家庭クラブ「絵本の読み聞かせ」「保育園実習」H29.5.23~心豊かなひととき~

4日間の中間考査が終わりました。寸暇を惜しんで勉強する福高生は、心豊かなひとときも大切にします。

昨年に引き続き、家庭クラブ委員メンバーは、絵本「のりまき」を読んで、巻物に挑戦しました。

ボランティア歴30年の一柳よりこさんの「折り紙」「絵本の読み聞かせ」「手遊び」「おてだま」に心がほっこりしたところで、保育園園児の年齢に合わせた絵本の読み聞かせ練習。絵本を持って保育園へ出発しました。

向かった先は、本校東門正面の清水保育園。「絵本の読み聞かせ」「手遊び」の後は、子どもたちと一緒に遊ばせていただきました。毎週英語の時間を楽しみにしている園児の皆さんのために、今年は英語の絵本も読みました。長いお話も集中して聴ける清水っ子の皆さんに感激しました。たくさん話しかけてもらい、参加生徒も満面の笑顔になりました。

 

生徒の感想

・小さな子どもたちが、読み聞かせを静かに聴いてくれて嬉しかったです。パズルやブロック遊び、抱っこなど触れ合えて良かったです。

・昨年は5・6歳クラス、今年は2・3歳クラスでした。園児でも年齢によって接し方が変わるので勉強になりました。

・読む時間が長い絵本と短い絵本。次回は、バランスを考えて選びたい。

・園児の皆さんに沢山の癒しをもらって、テスト疲れも吹き飛びました。楽しかったです。

 

清水保育園の江嵜園長先生、保育士の先生方、一柳よりこさん、ご協力ありがとうございました。

―――――――――――――――――――――――――――――――― 

食物部「講習会」H2..10)~福高祭に向けて~

 

福高祭の食物部の今年のテーマは、『Endroit Vivant』 フランス語で〝にぎやかな場所“という意味です。遊園地のアトラクションをモチーフにしたメニューをランチ2種類、デザート5種類準備しています。秋から計画に取り掛かり、半年が経ちました。料理のプロフェッショナルから指導を受けたいという願いから、今年は、5月10日中村調理製菓専門学校 山木健太郎先生による実技講習会が実現しました。

盛り付けの基本から、衛生面の細やかな対策まで、ご指導いただきました。創立100周年記念に恥じないように、安心安全で、質の高い料理とサービスを提供できるように精進します。

 

 本日の特別講習会の感想 

 

「私たちが目指すイメージを伝えると、瞬時にお皿に表すことができる技術や豊富なアイデアに圧倒されました。」

「使っている材料は同じなのに、盛り付け方が変わるだけで、より一層“食べたい“と思えるようになり、とても感動しました。」

「料理を提供するということは、お客様の命をお預かりしているという、大切なことも学ぶことができました。改めて、気を引き締めなければならないと思いました」

「コーヒーブラウニーを斜めに切ることで、見栄えが全く異なりました。」

「 ”何を表現したいのか?“という先生の質問に”動きが欲しいです“と答えると、とても素敵でかわいいデコレーションを提案してくださいました。”ピスタチオやミントで緑を取り入れると良い“とアドバイスをいただきました。早速、実践したいと思います。」

「プロを育てる先生にご指導いただけるという貴重な体験ができました。」

 

お忙しい中、丁寧なご指導をいただきました。山木先生 本当にありがとうございました。

―――――――――――――――――――――――――――――――― 

創立百周年記念招待試合H29.4.26

 

百周年記念事業の一環として、創立当初より関係が深く、文武に渡り互いに競い高めあってきた修猷館高校を招いて記念の招待試合が、春日球技場で開催されました。両校校長および生徒会総務の挨拶のあと、応援団のリードで、全力で試合に臨んだ互いのチームの健闘をたたえるエール交換を全校生徒で行いました。

 ラグビーは5つのトライとゴールを決めて35対0で快勝し、百周年に花を添えました。降りしきる雨に濡れながらの応援でしたが、最後に校歌を声高らかに歌い、福高生としての誇りと自覚、更なる母校愛を実感しました。

 雨天のため、午後に予定していました野球の招待試合は残念ながら中止となりましたが、先だって行われた応援練習では、野球部のリードで吹奏楽団の演奏に合わせた元気いっぱいの歌声を体育館に響かせ、大いに盛り上がっていました。夏の大会で両校が県大会に進出し、ぜひとも全校応援が実現できるよう期待したいと思います。

 

420日,24日 応援練習風景

――――――――――――――――――――――――――――― 

新入生オリエンテーションH29.4.10~4.13

 

新入生に対して、学校生活や学習への取組、生徒会や部活動紹介などのオリエンテーションが行われました。とりわけ、4月10日から四日間連続で行われた応援歌練習は、新入生にとって最初の試練となりました。何事にも全力で取り組む大切さを学び、伝統を守っていく責任を実感し、入学早々の困難を新入生一丸となって乗り越えることで、結束力を強め自信をつけることができました。最終日には応援団長から「真の福高生としてどうあるべきか、3年間の高校生活を通して求め続けてほしい。」と熱いエールが贈られました。

 

 

 

 

72回 入学式H29.4.7

 

4月7日、この日を待ちかねていたように咲き誇る雨上がりの満開の桜の下、新入生四百名が晴れやかな笑顔で校門をくぐりました。第72回入学式では、井上拓夫校長が「先輩方が築き、先輩から後輩へと受け継がれてきた、福岡高校の素晴らしい校風をしっかり受け継ぎ、新しい風を入れながら、夢や希望を結集して、本校のよき伝統を作り上げていってほしい。」と式辞を述べ、新入生を代表して安河内亮太くんが「心身を鍛え、常に文武両道の精神を忘れず、福高生としての誇りと自覚を持って、より高い自己の実現に努めます。」と抱負を述べました。また一学年主任の森谷史浩教諭が「主体的に学び、高い志を持って高校生活を送ってほしい。」と挨拶しました。

 

 

福岡高校総務 福田蓮くん(須恵町立須恵東中学校出身) より 挨拶

 

 

1年生の皆さん入学おめでとうございます。これから皆さんが送る学校生活が人生の中でも、一際輝きを放つものになることを期待しています。しかし、3年間の長い高校生活の中で困難にぶつかることがあるのも確かです。そんな時は、是非周りの人を見てください。福高は、思いやりのある人がたくさんいます。困っている仲間がいれば、きっと手を差し伸べてくれるはずです。これから同じ福高生として、共に頑張っていきましょう。

 

 

家庭クラブ「入学式フラワーアレンジメント講習会」H29.4.6~心豊かなひととき~

 

いよいよ新年度が始まりました。始業式の午後、家庭クラブ委員9名が参加してフラワーアレンジメントに挑戦しました。「新入生を迎える教室を生花で飾ろう」と、代々の家庭クラブ委員がアレンジメントを作っています。今年も、本校OGの保護者“花パレットFujimori”の藤森先生にご指導いただきました。茎の切り方、フラワースポンジ(オアシス)への刺し方等を教えていただきました。素敵な音楽を聴きながらのアレンジメント作成でした。参加した委員からは、「お花を生ける時間は、本当に幸せな時間」「本当に綺麗」「同じ花材を使っているのに、皆違っている」との声があがりました。新入生が喜んでくれることを想像しながら、教室に設置しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム