福岡県立福岡高等学校

  • 交通アクセス
  • 092-651-4265
  • 受験生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • ホーム
  • 学校紹介
  • 学校生活
  • 進路
  • 特色ある取組
福岡県立福岡高等学校

部活動(随時更新中)

   ホーム  >  部活動(随時更新中)  >  放送室

放送室

最終更新日 [2022年8月8日]  

放送室

 

〇平成29年度

 NHK杯全国高校放送コンテストに番組(テレビドキュメント部門・ラジドキュメント部門)とアナウンス部門 の合計3部門で出場しました。

 ラジオドキュメント部門では、福高生が卒業式にだけ鳴らすことができる鐘「アンジェラスの鐘」について調べた作品が入選。(全国ベスト20)

 アナウンス部門では藤本小夏さんが決勝に進み、NHKホールでアナウンスを披露しました。結果は優良賞でした。

 

 

〇平成30年度

・平成30年度福岡県高校放送コンテスト県大会(春の大会)

 アナウンス部門で2年田中巧、朗読部門で3年三輪春佳が出場。

ラジオドキュメント部門・テレビドキュメント部門・創作ラジオドラマ部門にも出場しましたが、残念ながら全国大会へは進めませんでした。

 

・平成30年度高文祭放送コンテスト県大会(秋の大会)

 アナウンス部門に、2年生の田中巧、伊藤千遥、堺穂夏、福井優子が出場。 田中と福井が決勝に進み、最終的には福井が九州大会に出場することになりました。

番組は、テレビとラジオ両部門に出場しました。結果は二年生が作ったテレビドキュメント『永遠のゾウ』が第2位でした。これは、旧福岡市動物園について調べて制作したものです。現在馬出小に遺っている、旧動物園のゾウの門を見かけた室員達の労作です。

 

 ともあれ、30年度も九州大会に出場することができて(8年連続です)

本当によかったとホッとしています。


 

○令和元年度

・福岡県高校放送コンテスト福岡地区大会

  アナウンス部門 入賞 福井優子 (県大会出場) 

  朗読部門    入賞 田中巧  (県大会出場)

福岡県高校放送コンテスト県大会

  テレビドキュメント部門 第三位『永遠(とこしえ)にイチョウは残る』

  ラジオドキュメント部門 第三位『今?今?イマージョン』

  ラジオドラマ部門 優勝『生命換金』

    三部門で全国大会(NHK杯全国高校放送コンテスト)に出場。

 

高文祭放送コンテスト福岡地区大会

  アナウンス部門 第六位 福井優子 (県大会出場)

高文祭放送コンテスト県大会

  アナウンス部門 第位 福井優子

  テレビ番組部門 優勝『おポンプ様』

  ラジオ番組部門 第三位『ふたご座流星群』

    アナと番組の三部門で九州大会(全九州高総文祭宮﨑大会)に出場。

・第三回全九州高等学校総合文化祭宮﨑大会

  テレビ番組部門 奨励賞 『おポンプ様』

 

 

令和2年度

NHK杯全国高校放送コンテストは中止になりました。

 

高文祭放送コンテスト福岡地区大会

  アナウンス部門 入賞 小田裕基 (県大会出場)

          入賞 中原陽花 (県大会出場)  

  朗読部門    入賞 岡田美咲 (県大会出場) 

・高文祭放送コンテスト県大会

  アナウンス部門 第二位 中原陽花 (九州大会出場)

  テレビ番組部門 第二位『EXな未来へ』

    二部門で九州大会(全九州高総文祭熊本大会)に出場。

・第四回全九州高等学校総合文化祭宮﨑熊本大会

  アナウンス部門 優良賞 中原陽花 

  テレビ番組部門 奨励賞 『EXな未来へ』

 

〇令和3年度

・第45回全国高等学校総合文化祭紀の国和歌山総文2021に、2年9組中原陽花さんがアナウンス部門で出場しました。

 昨年度の高文祭九州大会のアナウンス部門で優良賞であったため、今年度の福岡県代表生徒として選ばれ、出場しました。

 

 

 

・今年度もNHK杯全国高校放送コンテストに2部門で出場を決めました。

   出場作品

    テレビドキュメント部門『一隅を照らす』

  ラジオドキュメント部門『至誠もて業励まばや』

 

 『一隅を照らす』は、2019年に銃弾に倒れた中村哲先輩を偲んで73回生が作り始めたものです。昨年度はNHK杯自体が中止になったため、一時中断し、それを74回生が完成させました。中村哲先輩は、福高生に何を伝えようとしておられたのか。遺された言葉をもとに受け継いでいかねばならないことを番組にしています。1学期の終業式で、全校生徒に見て貰うことが出来ました。

 『至誠もて業励まばや』は、應援團長の村田先輩に密着して、福高應援團の役割、存在理由などを語って貰いました。

 


 

・第43回全九州高等学校総合文化祭長崎大会放送部門に出場のため、

 12月10日から二泊三日で長崎県諫早市に行って参りました。

 

  アナウンス部門 2年 中原陽花
  ラジオ部門  「青天の霹靂」
  テレビ部門「あの日から。」       

 

  全三部門に出場し結果は、

  アナウンス部門で優良賞、テレビ部門で奨励賞を頂きました。

 



 

 

〇令和4年度

 

・令和四年度福岡県高校放送コンテスト県大会(65日実施)に、下記の4部門で出場しました。

 

 ○アナウンス部門      3年 中原 陽花

 ○朗読部門         2年 松本 美優、李 鳳蕊

 ○創作テレビドラマ部門  「想い描く日々」

 ○創作ラジオドラマ部門  「枯れないブーケ」

 

 結果は

 ○アナウンス部門      第5位 中原陽花

 ○創作テレビドラマ部門   準優勝 「想い描く日々」

 今年も全国大会(第69回NHK杯全国高校放送コンテスト)に出場致します。

 

 また、中原陽花さんは、第46回全国高等学校総合文化祭東京大会放送部門アナウンス部門にも、福岡県代表として出場します。

 

 

追記

・令和四年度第69NHK杯全国高校放送コンテスト

アナウンス部門優勝 3年10組 中原 陽花

728日にNHKホールで行われた決勝で見事優勝しました。

中原さんは、ウクライナから帰国し再度本校に転入した二年生の田代明衣さんが、かつてのウクライナの様子をSNSに投稿しているのを知り、インタビューをして原稿を書きました。

 



 

 

 

とうきょう総文2022 優秀賞

3年10組 中原陽花さん

 第46回全国高等学校総合文化祭東京大会放送部門アナウンス部門Cブロック第一位で「優秀賞」を受賞しました。

昨年度の和歌山大会に引き続き、今年度も福岡県代表として出場した、3年10組中原陽花さん。今回のアナウンス原稿は、『先輩の遺志を継いで』。二年前にアフガニスタンで銃撃に倒れた、中村哲先輩の志と行動を受け継ぐのは、後輩である私たち福高生だという信念のもと、生徒会に「ペシャワール班」を立ち上げて活動している、3年7組邊見紗来さんにインタビューをして原稿を書き上げました。

 


 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県立福岡高等学校
〒812-0043福岡県福岡市博多区堅粕一丁目29番1号
Tel:092-651-4265  Fax:092-632-5038
Copyright (C) 2009 Fukuoka Prefectural Fukuoka High School. All rights reserved